「マンデリン」と「コスタリカ」

焙煎太郎から久々に「マンデリン」を販売しました。

名前は「バタクランド」で、産地は昔ながらの「リントン」です。

マンデリン特有のボディー感を持ちながら、爽やか系の酸味があるのが特徴です。

苦味だけの「マンデリン」ではありません。

 

コスタリカ「トロピカルバレー マウンテン」は

軽さの中に中米特有のフルーティーな酸を持ち、後から甘い珈琲です。

ニカラグア ジャバニカ

ニカラグア共和国から「ジャバニカ種」という希少な珈琲豆が入荷いたしました。
この珈琲はエチオピアで発見された「モカ原種」の苗を、インドネシアのジャワ島に移植し、その後さらにニカラグアに移植されたもので、エチオピア生まれニカラグア育ちの「モカ」ということになります。 ニカラグア産とはいえ「モカの国」生まれですから他の栽培種とは一味違った優雅な風味を持っています。

ニカラグアは中央アメリカの太平洋とカリブ海に挟まれた珈琲栽培にとても適した気候で、近隣にはグァテマラ、エルサルバドル、ホンジェラス、コスタリカ といった国々があります。
「原種モカ」 と 「ニカラグア」 の最強ともいえるコラボ珈琲を  この機会にぜひ味わってみて下さい。